資生堂のおすすめ乳液TOP3

資生堂

概要

洗顔の後のケアとして、化粧水、そのあとに乳液を付けるの一般的な肌ケアの手法です。

日本最大の化粧品メーカー資生堂には様々なブランドがあり、それぞれに乳液を出していますが、その中でも特に評判の良いベスト3をご紹介します。

3位「ELIXIR Whitening Clear Emulsion T」

3位は「ELIXIR Whitening Clear Emulsion T」です。ELIXIRは資生堂のスキンケアブランドで主に幅広い世代で支持されていて、アンチエイジングにも定評があり、こちらは美白効果のある乳液です。

有効成分である4-メトキシサリチル酸カリウム塩(4MSK)が含まれており、シミのもととなるメラニンの生成を抑制するにとどまらず、排出することができます。

質感が良いのに保水力が高いということで、その後の化粧がしやすくなるという意見も多いです。

詳しくは以下の記事で紹介しています。

2位「ELIXIR Dry Care Revolution T+」

2位は「ELIXIR Dry Care Revolution T+」です。ELIXIRは資生堂のスキンケアブランドで主に幅広い世代で支持されていて、アンチエイジングにも定評があります。

「ELIXIR Dry Care Revolution T+」は高機能と高い保湿力でかなり評判が良いです。

・高い保湿力がある
・敏感肌でも使うことができる(個人差はあります)
・最高水準のUVカット成分の含まれている
・美白成分であるトラネキサム酸が含まれている
・化粧が崩れない
・化粧下地の機能が含まれる

上記のようにパーフェクトに近い機能を備えながら、使い心地も良いということで、日本の2019年ベストコスメワードの乳液部門3位にランクインしている商品です。

詳しくは以下の記事に記載しています。

1位 「ELIXIR Premium Revitalizing Care Enriched Emulsion CB」

1位は「ELIXIR Premium Revitalizing Care Enriched Emulsion CB」です。

「Premium Revitalizing Care Enriched Emulsion」は、ELIXIRの製品のうちでも、よりしっかりとしたエイジングケアができ、肌の皺やたるみ、乾燥が気になっているときに、非常に有効な製品です。上質な成分を惜しみなく使っており、潤いのあるキメの細かい肌を実現できます。

乾燥を全く感じさせない保湿力と上品な香りで抜群の人気を誇っています。

詳しくは以下の記事で紹介しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました